2015/11/15

Quatuor Adolphe SaxのWikipedia記事

かつて、クロード・ドゥラングル Claude Delangle教授が参加し、活動していた四重奏団Quatuor Adolphe Saxについて書かれた以下のページをざっくりと訳してみる。出典不明の記事ということで、内容の検証・修正等がなされるべきだと思うのだが、どなたかやりませんかね。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Quatuor_Adolphe_Sax

Le Quatuor Adolphe Sax de Paris (1981-1986)は、Jacques Baguet、Claude Delangle、Jean-Paul Fouchécourt、Bruno Totaroによって結成された。ガブリエル・ピエルネの「民謡風ロンドの主題による序奏と変奏」、フローラン・シュミット「四重奏曲」の録音が存在する。アルジェリアへの演奏旅行を敢行し、デザンクロの歴史的名演を打ち立てた(要出典)。1986年、野平一郎の「四重奏曲」をワシントンで初演。パリにおいてエディソン・デニゾフ「五重奏曲(サクソフォン四重奏+ピアノ)」を初演。若い世代の演奏家たちに大きな影響を与えた。Le Chant du Mondeより録音がリリースされている。

デザンクロの名演の話は興味深い。本当かどうかも気になるが、いったい誰がそんなエピソードを書き込んだのだろう。

ピエルネとシュミットの録音については、こちらの記事を参照いただきたい。

0 件のコメント: