2020/11/25

ドゥラングル氏の参加CD

https://music.youtube.com/watch?v=szXnk8BQKhU&feature=share


Fausto Sebastianiというイタリアの作曲家の作品集にて、「Solo for Soprano Saxophone」「Now's the Sax」にクロード・ドゥラングル氏が参加している。おなじみ、Stradivariusレーベル。

残響控えめながら(だからこそ?)、いつものごとく繊細なコントロールが映える。「Now's the Sax」はなんとも微温的な作風だが、場面によってはかなりピタリとハマっているような。

2020/11/22

TANNOY GOLD5鳴らしてみた

TANNOY GOLD5、鳴らしてみた。味付けなく、クリアにパリッと鳴る感じ、そしてしっかりとした定位感。"モニタースピーカー"なので、どんなもんかなと思ったが、結果的に大満足。

若き日のミシャ氏

https://youtu.be/OvBrRkDNBXM

伊藤ふみえ氏との「スカラムーシュ」。若い!1990年とのこと。

2020/11/17

椅子

自宅の練習室の椅子を選んでいるのだが、意外と?演奏者用の椅子は価格が高く、悩ましい。K&M 13430あたりに落ち着きそう…ではあるが。

行き帰りの

コロナ下で、週に1回〜2回出社、残りはテレワークという状態が続いている。出社日の行き帰りの電車はゆっくり音楽を聴く時間としている。

最近はジョン・ハールにどっぷり。様々な編成、ジャンルが楽しく、子供が生まれてからここ数年で一番たくさんサクソフォンの音楽を聴いているかも。

2020/11/13

世界へ引きずり込む

演奏者が、演奏を聴いてもらったときに、聴き手に「これは誰々が吹いているな」と分かってもらうことは、演奏者としての一つの重要な要素かと思う。

ジョン・ハール氏の演奏を聴くと、それ以上のものが氏の演奏の周りには立ち現れているように聴こえる。それは聴き手がハール氏の作り出す世界に取り込まれて、その中で演奏を聴く、という、感覚。聴き手が演奏者の近くにいるような錯覚を覚えさせられるのだ。

シェルシの「Tre Pezzi」の演奏はたまげた。上記のような類の、強い感覚は、これまでに感じたことのないものだった。

Quatuor LaloyのCDがフル公開

フランスの再度のロックダウンにより、いくつかのコンサートがキャンセルとなりました。そのような状況下で、コンサートの代わりとして、聴き手の皆様の傍らに我々の演奏を置いていただければ、と思います。

…とのこと。良いCDなので、ぜひ。


以下、原文。

Nous voici de nouveau confinés, et on a décidé de penser à vous. 
Du coup voilà notre disque Diptyque est en écoute intégrale sur Youtube.
Malgré nos concerts qui s'annulent, on sera tout de même un peu avec vous pendant les mois à venir. 

https://www.youtube.com/watch?v=MpI4EK3m-TU&list=PLImaPFgp5SM9Po_JlcEKVyWdE2Eyyp9DZ

Diptyque avec : 
- Le Quatuor Laloy,
- farge sebastien à l'accordéon,
- Jerome Souille à la batterie.