2013/04/15

London Saxophonic "an eye for a difference"

10年にわたって探していたCDを中古で入手。

London Saxophonicをご存知だろうか。イギリスのサクソフォン奏者が集結した、サクソフォン10重奏+エレクトリック・ベース+ピアノという編成のラージアンサンブル。初期のサクソフォンの布陣は、Tim Redpath、Simon Haram、Rob Buckland、Christian Forshaw、Andy Findon、Chris Caldwell、Will Gregory、Gareth Brady、Andy Scott、David Roachという、呆れ返るほどの豪華メンバーだ。

ファースト・アルバム「an eye for a difference(Tring 007)」はマイケル・ナイマンの作品集なのだが、大変な名盤にも関わらず廃盤となって久しい。2007年に演奏者の一人であるChris Caldwellにコンタクトを取ったところ、廃盤ということで音だけ送っていただいた。そこで初めて聴くことになったのだが、想像以上にクール、そして充実した響きに感銘を受けたものだ。それからも原盤探索を続けていたのだが、まさか今になってAmazon.co.ukで手に入るとは夢にも思わなかった→こちらからどうぞ。まだそこそこ数があるようだ。

それにしてもよりによってAmazon.co.ukか…懐かしいな。2006年か2007年のことだったと思うが、25ポンドでこの盤の中古が1枚だけ出ていたのを発見したことがある。当時クレジットカードを所持しておらず、このためだけに慌ててクレジットカードを作り(申し込みから審査、発行まで一週間ほどかかった)、再度Amazon.co.ukの売り場に行ってみたら売り切れていた、というのも今では笑い話だ。

というわけで、音だけはすでに持っていたためCDの内容のレビューは以前書いたとおりだが、改めて聴きなおすと本当に素晴らしい盤であることを再認識する。トラックリストは下記の通り。

【The Draughtman's Contract】
1 An Eye For Optical Theory
2 Queen Of The Night
【La Traversée De Paris】
3 Le Palais Royal
4 De L'Hôtel De La Ville À La Concorde
【And Do They Do】
5 Song 1
6 Song 2
7 Song 4
【The Piano】
8 Here To There
【Plotting For The Shopkeeper】
9 Plotting For The Shopkeeper
【Carrington】
10 The Infinite Complexities Of Christmas
11 Outside Looking In

ナイマン作品の中でもとりわけ好きな「光学理論の眼識 An Eye for a Optical Theory」と「夜の女王 Queen of the Night」(いずれも「英国式庭園殺人事件」より)がサクソフォンのアンサンブルとして見事に再構築されている。「パリ縦断」の「Le Palais Royal」「De l'Hotel de la Ville a la Concorde」は、ナイマンの複合リズムが面白いほどに聴こえてくる。グルーヴ感を保ったままと思ったらなんと最終トラックの「Outside Looking In」(「キャリントン」より)は、11分以上にわたるゆったりとした感動大作。意外ではあったが、各ソロも泣かせるほどの美しさで、聴き応えがある。

個人的に、歴代のサクソフォンアンサンブルのCDの中でトップ10に入るほどの盤だと思っている。とくにラージアンサンブルに普段から取り組まれている向きには、この強烈なサウンドをぜひ体感していただきたい。

0 件のコメント: