Rascher Reader




"Rascher Reader"は、200以上のシガード・ラッシャーに関する記事を編纂したものであり、ニューヨーク州立大学フレドニア校のプロジェクトチームが手がけるSigurd M. Rascher Collectionからの最初の出版物である。ラッシャーのバイオグラフィに関する記事、サクソフォンという楽器の歴史に関する記事、ラッシャーの教育に関する記事などを含んでいる。これらのコレクションは、フレドニア校のDaniel A. Reed図書館所蔵のものである。これらのコレクションは2004年にシガード・ラッシャーの娘であるカリーナ・ラッシャーより寄贈されたもので、録音、楽譜、小物、スコア、記事のスクラップ、写真、演奏会パンフレットなどからなる。"Rascher Reader"は、Lee Patrickにより編集され、Daniel A.Reed図書館からの出版となる。最初の売り出しは、2012年の世界サクソフォン・コングレスで行われる。

The Rascher Reader is a compilation of over 200 articles written by or about Sigurd Rascher and is the first publication containing materials from the Sigurd M. Rascher Collection. The topics covered in this book include biographical information, history of the saxophone, pedagogy, education and the nature of music. The collection is housed at the Archives and Special Collections of Daniel A. Reed Library at the State University of New York at Fredonia. The collection, donated in 2004 by Rascher’s daughter, Carina Rascher, consists of materials that once belonged to the pioneering concert saxophonist. There is a wide variety of materials including but not limited to: audio materials, correspondence, musical instruments, musical scores, newspaper clippings, photographs, and programs. The Rascher Reader, edited by Lee Patrick and published by Daniel A. Reed Library, will be released for sale during the 2012 World Saxophone Congress.

0 件のコメント: